ロンドン6日目は 
ロンドン在住の友人と市内を歩く
 
おなじみ セントパンクラス駅で待合せ
まずは地下鉄に乗ってテートブリテンへ
開催中の VAN GOGH AND BRITAIN
 
 
ラッキーなことに
友人が美術館会員なので予約なしに入場
しかも同伴として無料で入場出来た♬
 
いちばん気に入った作品がこれ
 
 
1時間ほど観てまわり 大満足!
 
 
勢いのままにゴッホの家を訪問
 
こちらもまた閑静な住宅街
 
 
ヴァンゴッホ小学校
 
 
1873年〜74年にかけて住んでいた家
 
 
ゴッホの描いた絵を鑑賞した後
ゴッホの住んでいた街を歩く
なかなか乙な体験
 
 
次に向かったのは BRIXTON
Village Market でランチ♬
 
 
East of Eden ならぬ
Eat of Eden (笑)
ジェームスディーンの映画
”エデンの東” をもじった店名
 
 
ここでも日本食は人気
 
 
いろいろ迷って歩いて
入ったのはハンバーガーのお店
 
 
ハンバーガー美味しかった!
そして レモネードも美味しかった!
 
 
ランチの後は大英図書館を見学
 
 
図書館は好きで 日本でもよく行く
先日も 大阪の友人と一緒に
国立図書館に行ったところだ
 
図書館の後は 大英博物館へ
 
大英博物館へ向かう途中に通った
Town House Hotel BLOOMS
 
 
大英博物館のマンガ博は予約制だったので
この日は常設展を観てまわった
ここでも常設展は入場無料
 
 
パルテノンの彫刻
 
 
大英博物館とは30分程度でお別れして
その後は 書店巡りをした
 
かわいい THE ATLANTIS BOOKSHOP
 
 
THE BLOOMSBURY TAVERN
 
 
カラフルでユニークなビル
 
 
友人は音楽もやっていて
ギターのコレクターでもある
ギターのお店も何軒かのぞいて歩いた
 
 
FOYLESという大型書店
Mangaのコーナーも充実していた
 
 
そして 今 イギリスでは
日本の女流作家が人気らしい
 
川上弘美「ニシノユキヒコの恋と冒険」が
ショーウィンドウ一面にディスプレイされ
その人気を物語っていた!
 
 
ハリーポッターのカッコいい建物
なんなのかよく分からなかったが
調べてみたら どうやらショーらしい
 
 
アガサクリスティの「ねずみとり」
67TH YEAR とあるので調べてみたら
なんと 1952年11月25日初演
今年で67年目 世界一のロングランらしい
 
 
何も知らず 絵になる景色と思って
写真を撮っているだけだが 
後から調べてみると いろいろ面白い!
 
そういえば
自分は グラフィティも好きなようだ
思い起こすと いろいろな国で
写真を撮っている気がする
 
 
Waterstones という書店の中にある
カフェでひと休み♬
 
 
Manga博ガイドブックも置かれていた
 
 
Hatchards
ロンドンで一番古い王室御用達の書店
1797年創業と書いてある!
 
 
正面入口の重厚な紋章 
 
 
売り場の真ん中に階段がある
 
 
テートブリテン
ゴッホの住んでいた家
大英図書館
大英博物館
書店 FOYLES
書店 Waterstones
書店 Hatchards
 
友人のお陰で充実の一日となった!
 
一度 宿泊先のホテルに戻り
近くのレストランに夕飯を食べに行った
 
NORTH SEA FISH 
ここで フィッシュアンドチップス
ロンドン最後の夜なので 食べ納め
 
 
4年ぶりに ロンドン在住の友人と
二人で一日歩き回り とても楽しかった♬
 
この日の歩数は 28,265歩
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る